運輸局による各種監査への対策(適正化)を、一般・基礎講習の講師認定を受けているコンサルタントが行います
営業時間:9:00〜19:00
  1. 運送業監査対策サポーター紹介

運送業監査対策サポーター紹介

ワイズリー株式会社

山田大介

大学卒業後、運送業界一筋に突っ走ってきました。

この情熱と知識を、できるだけ多くのクライアント様と共有できたら、幸いに感じています。

 

>> コンサルタントの一日

出身地広島県福山市
出身校立命館大学法学部国際比較法学科 卒業
保有資格

大型自動車免許・フォークリフト免許・簿記2級

運行管理者・安全管理者

趣味ゴルフ・食事・運動(ジョギング・加圧トレーニング)
特技ゴルフ(嘘です) 全くなし。強いて言うなら寝付く速さ
休日の過ごし方ネットサーフィン

生い立ちから

広島県の山と海に囲まれた小さな町で育ち、両親がどうやって育てたか覚えていないと言ってしまうほど自由奔放に育つ。

ということで、自然と芽生えた「自分の人生は自分で決める」という信念から、そこそこスポーツをして、そこそこ勉強もして小さな町では男としても人間としても十分な自信を持って、京都の大学に進学!(井の中の蛙時代)

 

しかし、都会(僕にとっては大都会だった)の大学には、現役で司法試験に受かったり会計士試験にうかったり、バイリンガル、トライリンガルなんていう輩がわんさか居て、一瞬で自信をなくしちゃう。

学校へも全く行かず、夜中まで酒を飲み朝起きてパチンコへ!なんて日々を数年間送る。

充実した毎日でした(笑)(自信喪失時代)

 

もちろん順当に卒業できるはずもなく、当然のごとく留年し大学には1年長めにお世話になりました。

こんな大学生活を過ごした男が最後のプライドをふりしぼり、東京で1年間大企業への就職を狙い就職活動!

そうです。100社以上受けて全敗。当然です。何も準備していないんですから。(絶望時代)

 

次に考えたのは多少読み書きのできた英語を頼りに、アメリカで就職を目論む。

実はこのとき24歳。現在所属の運送会社でリフトマンのアルバイトをしていた。

バイトを休んでアメリカで就職活動をしていたまではよかったが、お金がなさ過ぎてなんと、帰国することすらできなくなってしまった。

そこで、現在所属会社社長から助け舟。命からがら帰国。

帰国してから、社長から

「いい加減、自分と向き合え。自分のやりたいことと、自分が一番できることは違う」

という話をされ、何となく天の声のような気がして、入社。(絶望時代)⇒(ついに自己認識時代)

それ以来現在に至ります。

 

 

運送業で苦労したこと 乗り越えた経験

苦労だと思ったことはありません。日々目の前に現れる課題をクリアするだけで精一杯で・・・。

乗り越えてきたかのか、迂回してきたのかはわからないですけど、自分でもずいぶん大人になったな、タフになったなと思うことはたまにありますね。(笑)

 

強いて言うなら、今も苦しむ燃油の高騰、止まらない運賃の下落、免許制度変更に伴う労働人口の減少。

あと、リーマンショックの時の荷物の激減とかですかね。

けっこう厳しい時もありましたね(笑)。でも、過ぎてしまえば笑い話!

 

企業は存続が最大使命です。そして、経営者は非常に孤独です。

経営者の皆さんは、負けることやあきらめることはできないんです。

存続し続けるために、ぜひ我々を利用してください。

 

 

十数年のキャリアで多くの方と出会い、多くの苦難を共有して参りました。

どうか、私の話に一度耳を傾けてはいただけませんか。

本当に業界をよくしたいんです。


コンサルタント 山田大介

6:00

水分補給を済ませて、約30分(5km)のジョギングに出かける。

水分補給は非常に大事です。

7:00

身支度をしながら、朝食をお腹いっぱい食べる。

運動の後の食事はめちゃくちゃおいしいので、いつも食べ過ぎてしまいます。

8:00〜8:20

自宅を出発し、相談を受けている神戸市の運送会社の朝の点呼に立ち会う。

基本的には常に車移動で快適に移動しています。

9:00

勤務する運送会社へ出勤し、一日の業務連絡と、運行状況の確認をします。

自分の会社がきちんとしていないと、クライアントの相談になんてのれるはずもないんで、入念に確認しています。

11:15

社内ミーティングを終えた後は、早めの昼食((笑))

すぐにお腹が空く病気みたいで、コンビニで炭水化物とスナック菓子を多めに購入し、車内で食べて、移動を開始。

12:30〜13:10

クライアント様の事故処理の進捗状況の確認と、今後の保険会社との対応を決めるため、井上弁護士と打ち合わせ。

13:50〜14:40

トラック協会で、確認したい事項について、理解できるまで質問攻めをする(笑)

監査項目や、行政処分については、意外と曖昧なところがあって、確認しておかなければならないことが、次から次へと出てくる。

15:00〜15:30

神戸運輸監理部へ行き、25年10月からの新しい監査方針や行政処分基準について、運送事業者の立場から、確認作業をする。

運輸監理部に行くことは、普通あまりないと思いますが、コンサルタント業務の性質上、しっかりとした理解が必要なので、疑問がでれば、すぐに行きます。

15:40

お腹がすいたので、牛丼屋でカレーを食べる。

牛丼屋で牛丼は食べません。カレーです。

16:30

一旦、勤務する運送会社へ戻り、運行状況の報告を受けます。

17:30〜19:00

話を聞かせてほしいという大阪の企業様から連絡を頂きましたので、訪問し、業務の内容とリスク管理についてご説明を差し上げました。

契約に繋がるかどうかはわかりませんが、どうやら知らない情報が非常に沢山あったようで、次回の訪問のお約束まで頂きました。

やはり、同業者ですから気持ちがすごく分かってしまうので、話がどんどん長くなってしまいます。

1時間の予定でしたのに・・・社長様、すみません!

19:30

知り合いの運送会社社長様より電話を頂き、点呼簿の記載事項って・・・という話になり・・・帰り道なんで伺いますという展開になり・・点呼簿の確認をさせてもらいました。

しかも、ちょうど夕飯時ということで、事務所で出前のかつ丼とうどんをご馳走してもらい、「晩飯食べにきたんかっ」と愛のあるお言葉?を頂き帰路につく。

21:30

自宅に到着し、翌日から東京出張でしたので、シュークリームを食べながら準備。

このシュークリームはこのタイミングで食べようと、昼間のコンビニで買っておいたものです。

ひとこと
大体毎日このような感じです。
勤務する運送会社へ丸一日いることもありますが、基本的にはうろうろしていますね。

● 何から手を付けたらいいの?   ● ほんとに対策して効果がでるの?

● コンサルタントはどんな人なの? ● 少しだけコンサルタントに相談したい

まずは監査対策の第一歩、重要書類のチェックから始めませんか?

費用は1万円のみ!

TEL 0798‐64-2881(非通知不可)

案内する女性 運送監査対策情報BOX ウラ話メルマガ

監査対策!重要書類チェックサービス