運輸局による各種監査への対策(適正化)を、一般・基礎講習の講師認定を受けているコンサルタントが行います
営業時間:9:00〜19:00
  1. 提携弁護士

提携弁護士

ワイズ総合事務所の提携弁護士である井上佑紀弁護士による、様々な法務サポートをご紹介できます。

法律に絡んだ事項が多い運送業の経営には、法的に代理人となることができる唯一の資格である弁護士は心強いパートナーです。

敷居が高く思われている弁護士も、ワイズとの提携で身近にご利用いただけます。

  • メール・電話・面談での法律相談
  • 交通事故示談交渉
  • 契約書の作成・チェック
  • 内容証明・意見書の作成
  • 家賃の減額交渉
  • 監査時の交渉
  • 労働問題の相談、交渉

扶桑共栄法律事務所 弁護士

井上佑紀

縁あって、現在複数の運送会社の顧問弁護士として監査対策をさせていただいております。

 

>> 弁護士の一日

出身地兵庫県神戸市
出身校関西学院大学経済学部 卒業 / 関西学院大学法科大学院 卒業
保有資格弁護士資格
趣味ゴルフ
特技ゴルフを特技としたいです
休日の過ごし方気の合う仲間とゴルフ、旅行

弁護士業に付くまで

批判的・懐疑的(ひねくれもの)、中学校時代は締め付けられるのをとにかく嫌がりやたらと学校・教師に反発→自由を求めて私立の高校へ→自由を満喫する。

今思えば弁護士という職業は私の特性に向いていたのかもしれません。

 

弁護士業に付くきっかけ

私にとって人生は挑戦です。

高校の3年間と大学の2年間自由を満喫しそろそろ退屈してくる。

何かに挑戦したい、自分を試したいという気持ちが強くなり、(当時。今は知りませんが)一番難関とされていた国家試験に挑戦する決意を大学3年の時にする。

 

経済学部で知識がゼロからのスタートだったため、絶対量の多さに面喰い、途中挫折しかけたこともあったが、持ち前の根拠のない自信、ポジティブ思考、また優秀な仲間達に恵まれ、無事1回目の試験で合格。

受験時代は毎日朝8時から夜の10時まで自習室にこもり、4年間休むことなくひたすら勉学に勤しみました。

(疲労がたまり鼻血が止まらず1週間入院したこともありましたが、我ながらよくやったと思います。もう二度とやりたくありません)

 

この受験時代に、失敗こそ学ぶチャンスであること、苦難の時こそ人間の真価が問われること、やってやれないことはないこと、などを学ぶ。 

これからも守ることなく挑戦していきたいと思う。

 

弁護士業で苦労したこと、乗り越えた経験

最近の出来事で言えば、刑事裁判で無罪判決を勝ち取りました。

日本の有罪率は99%以上であり、周囲からは絶対に無理だとの声もありましたが、被告人のもとに何度も足を運び時間をかけて入念に打ち合わせを行い、被告人と何度も喧嘩もしましたが、最後まで諦めずに闘った結果、無事無罪となりました。

この事件を通して、依頼者とのコミュニケーション、あるいは、弁護士自身が強い信念を持って弁護活動を行うことが重要であると学びました。


弁護士 井上佑紀

7:30

起床

業界的に朝はゆっくり目です。

裁判所も一般的には午前10時からです。

8:00

自宅を出発

阪急梅田駅まで阪急電車で。

阪急梅田駅から事務所までは健康のため徒歩15分。

9:00

西天満の事務所に到着

メールやFAXのチェック。

10:00

11時からの刑事事件の打ち合わせ

証人になってもらう方と事務所で尋問の打ち合わせ。

10:50

事務所を出発

裁判所は事務所の目の前で徒歩1分です。

このあたりは弁護士事務所が密集しています。

11:00〜11:50

刑事事件(傷害事件)

事件の内容に争いはなく認めている事件なので、実質的な審理はこの1回だけです。

この日は、裁判までに示談が成立していたので示談書を提出し、さきほど打ち合わせをした証人(被告人の父親)に今後本人を監督するよう証言してもらいました。

2週間後に判決となりこの日の裁判は終わりました。

12:00

昼食

ばたばたして時間のない日は、コンビニで簡単に済ますか、食べないことも。

この日は時間があったので、近所の事務所で働く同期と近くの定食屋に行き親子丼を食べに行きました。

同期とはこうやってたまに会い、情報交換や近況報告をするようにしています。

13:00〜16:00

大阪弁護士会での法律相談

弁護士会館は事務所から徒歩3分です。

この日は大阪弁護士が主催する法律相談の担当日でした。

私は大阪弁護士会に所属しているので、大阪弁護士会や大阪府の地方自治体などが主催する法律相談の担当日に、法律相談を担当します。

法律的なアドバイスをするだけで終了する場合もありますし、事件の依頼を受けることもあります。

この日は、裁判を起こされたと相談に来た建築会社の社長さんから裁判を担当して欲しいとの依頼を受け、後日私の事務所で打ち合わせをすることになりました。

16:30〜16:45

裁判所にて依頼を受けている事件の裁判

夫に浮気をされた依頼者が浮気相手を訴えている裁判です。

証人尋問以外の期日は10分程度で終わることがほとんどです。

17:00〜18:00

ワイズ事務所会議

代表の山田・税理士山下と会議を行いました。

月に2,3回定期的に事務所会議を行い、現状の報告や、今後の運営について検討を行います。

18:00〜19:30

依頼を受けている事件の示談書の作成・相手方弁護士への連絡・裁判所に提出する書面の作成・依頼者へ裁判の報告など

日中は電話対応や裁判・調停で外にでることも多いので、書面をじっくり作成するのは夜や土日になります。

20:00〜20:30

現在担当している刑事事件の被疑者に接見するために某警察署へ

30分ほど接見し、今後の対応などについてアドバイスしました。

今後起訴されることになれば刑事裁判を受けることになります。

21:00

食事会

この日は同じ高校・大学の同級生で、現在税理士(山下先生)・会計士・行政書士をしている者が集まり、食事会をしました。

事件を進めていく中で税金や会計の知識が必要となる場面も多いため、このようなつながりは非常に重要です。

この日の食事会は大変盛り上がり、帰宅したのは深夜でした。

ひとこと
お客様のニーズを満たすことのできるリーガル・サービスの提供を心懸けております。
何でもお気軽にご相談下さい。

● 何から手を付けたらいいの?   ● ほんとに対策して効果がでるの?

● コンサルタントはどんな人なの? ● 少しだけコンサルタントに相談したい

まずは監査対策の第一歩、重要書類のチェックから始めませんか?

費用は1万円のみ!

TEL 0798‐64-2881(非通知不可)

案内する女性 運送監査対策情報BOX ウラ話メルマガ

監査対策!重要書類チェックサービス