運輸局による各種監査への対策(適正化)を、一般・基礎講習の講師認定を受けているコンサルタントが行います
営業時間:9:00〜19:00
  1. 第二話 重要書類がまったくない!

第二話 重要書類がまったくない!

第二話 重要書類がまったくない

さて、社長様より今後のコンサルティングについて話をしようという積極的なお話を頂いたので、本社へ伺うことになりました。

社長の奥様が、ご丁寧にお茶菓子などご用意くださいまして和やかなムードでスタートしたコンサルティング実務でしたが、その和やかムードもあっという間に落胆ムードへと激変することになったのです。

いよいよ実務

「では社長、早速ですが、まずは保管している書類を見せてください。」

社長は気まずそうな表情で点呼簿と乗務員教育記録を見せてくれました。まさかこれだけ?と思いながら、他にはないのかと尋ねたら、車検時の分解整備記録簿と数枚の健康診断受診記録が追加で出てきました。

私は唖然としたというかなんというか、保管されている書類の少なさに言葉を失ってしまいました。正直な感想を言うと、「よくこの状態で貨物運送事業が継続可能だったな」「トラック協会の巡回指導などはなかったのかな」でした。

この時点で、K専務が不安に思って私に相談してくれた意味が理解できました。もちろん悪い意味ですが・・・。

 

ですが、そこで納得してばかりいられないのが我々の職業です。どんな状況からでも救い上げるのが我々コンサルタントの役目!とばかりに、完全にスイッチが入りました。まずは、なぜこれだけしか書類がないのかを確認しなければ・・・。

 

社長の気持ち

社長に尋ねたところ、次の3つの答えがポンポーンと即答でかえってきました。

@書類の作成が面倒だし、現場で体を動かしている方が性にあっている。

A書類の作成って言われても記入内容やルール等が複雑でどう書いていいのかわからない。

B仕事が忙しくて、そんなことやってる暇がない。

こんな答えでした。何も飾らず本心を話してくださったのでしょう。私が担当するお客様は概ね同じようなことをおっしゃられますから。ただ、そんな会話の中にも、本当はやらなければならないということを、お分かりの様子はうかがえましたので、今までのコンサルティング経験からも、おそらく改善できるなという直感は働きました。簡単かどうかは別問題ですが・・。

 

確かに書類の作成は面倒だし、現場では日々山のように問題が発生するし、社長の仕事ってやってもやっても終わりがないですから、ちまちま書類作成なんてやってられない、仕事優先だって思ってしまうのは心から理解できます。私も実際そう思ってましたから。

しかしです。考えて頂きたいことがあるんです。そうなんです。書類作成、保管も大事な大事な仕事じゃないですか!!

社長や管理者の方が行ったことは記録に残さなければ、全く行っていないとみなされてしまうんです。こんなバカバカしいことないと思いませんか?

運送業の社長というのは、合理的で非常にバランス感覚を重視する方が多いような気がします。またそんな方でないとうまく運営できない業種だと思います。しかし、そうであるが故に、書類作成なんかより実際に現場へ出向き触れ合うことの方を重視します。これも間違っているなんてこれっぽっちも思いませんが、その時間のうちほんの少しだけでも、書類作成の時間にあてがって欲しいのです。

 状況報告

と、こんな内容の話を社長や奥様、専務と2時間くらい話したと思います。何となく事の重大さがご理解いただけてきたようなんで、結論を申し上げることにしました。

「保管書類については全く保管していないので、即時営業停止になるレベルです。つまり倒産予備軍です。こんなに業績はいいのにです。大至急改善が必要です。しかも、最短距離で少なくとも6割位の所まであげていかないと危険水域ですよ。」

これを聞いて押し黙ってしまったのは想像に難くないですよね。

 

私は、経営者一族に心から改善の意欲を出していただくために、その場は一旦引き上げ、本当に適正化にチャレンジするのかを考えて頂く時間を差し上げることにしました。2日間だけですが。



第3話 覚悟


● 何から手を付けたらいいの?   ● ほんとに対策して効果がでるの?

● コンサルタントはどんな人なの? ● 少しだけコンサルタントに相談したい

まずは監査対策の第一歩、重要書類のチェックから始めませんか?

費用は1万円のみ!

TEL 0798‐64-2881(非通知不可)

案内する女性 運送監査対策情報BOX ウラ話メルマガ

監査対策!重要書類チェックサービス