運輸局による各種監査への対策(適正化)を、一般・基礎講習の講師認定を受けているコンサルタントが行います
営業時間:9:00〜19:00
  1. コンサルタントの一日

コンサルタントの一日

コンサルタント 山田大介

6:00

水分補給を済ませて、約30分(5km)のジョギングに出かける。

水分補給は非常に大事です。

7:00

身支度をしながら、朝食をお腹いっぱい食べる。

運動の後の食事はめちゃくちゃおいしいので、いつも食べ過ぎてしまいます。

8:00〜8:20

自宅を出発し、相談を受けている神戸市の運送会社の朝の点呼に立ち会う。

基本的には常に車移動で快適に移動しています。

9:00

勤務する運送会社へ出勤し、一日の業務連絡と、運行状況の確認をします。

自分の会社がきちんとしていないと、クライアントの相談になんてのれるはずもないんで、入念に確認しています。

11:15

社内ミーティングを終えた後は、早めの昼食((笑))

すぐにお腹が空く病気みたいで、コンビニで炭水化物とスナック菓子を多めに購入し、車内で食べて、移動を開始。

12:30〜13:10

クライアント様の事故処理の進捗状況の確認と、今後の保険会社との対応を決めるため、井上弁護士と打ち合わせ。

13:50〜14:40

トラック協会で、確認したい事項について、理解できるまで質問攻めをする(笑)

監査項目や、行政処分については、意外と曖昧なところがあって、確認しておかなければならないことが、次から次へと出てくる。

15:00〜15:30

神戸運輸監理部へ行き、25年10月からの新しい監査方針や行政処分基準について、運送事業者の立場から、確認作業をする。

運輸監理部に行くことは、普通あまりないと思いますが、コンサルタント業務の性質上、しっかりとした理解が必要なので、疑問がでれば、すぐに行きます。

15:40

お腹がすいたので、牛丼屋でカレーを食べる。

牛丼屋で牛丼は食べません。カレーです。

16:30

一旦、勤務する運送会社へ戻り、運行状況の報告を受けます。

17:30〜19:00

話を聞かせてほしいという大阪の企業様から連絡を頂きましたので、訪問し、業務の内容とリスク管理についてご説明を差し上げました。

契約に繋がるかどうかはわかりませんが、どうやら知らない情報が非常に沢山あったようで、次回の訪問のお約束まで頂きました。

やはり、同業者ですから気持ちがすごく分かってしまうので、話がどんどん長くなってしまいます。

1時間の予定でしたのに・・・社長様、すみません!

19:30

知り合いの運送会社社長様より電話を頂き、点呼簿の記載事項って・・・という話になり・・・帰り道なんで伺いますという展開になり・・点呼簿の確認をさせてもらいました。

しかも、ちょうど夕飯時ということで、事務所で出前のかつ丼とうどんをご馳走してもらい、「晩飯食べにきたんかっ」と愛のあるお言葉?を頂き帰路につく。

21:30

自宅に到着し、翌日から東京出張でしたので、シュークリームを食べながら準備。

このシュークリームはこのタイミングで食べようと、昼間のコンビニで買っておいたものです。

ひとこと
大体毎日このような感じです。
勤務する運送会社へ丸一日いることもありますが、基本的にはうろうろしていますね。

● 何から手を付けたらいいの?   ● ほんとに対策して効果がでるの?

● コンサルタントはどんな人なの? ● 少しだけコンサルタントに相談したい

まずは監査対策の第一歩、重要書類のチェックから始めませんか?

費用は1万円のみ!

TEL 0798‐64-2881(非通知不可)

案内する女性 運送監査対策情報BOX ウラ話メルマガ

監査対策!重要書類チェックサービス